【環境を変えても”変わらない自分”】大事なことがわかってなかった

投稿本文上

自分を変えたければいまいる環境をかえよう!
どっかのセミナーやどっかの本とかで耳にしませんか?

少なくとも私はたくさん耳にしていて、身を置く場所って大事だなと強く思っていました。
付き合う友だちを選ぶようになったり、人見知りだけれどセミナーに出向いたり、自分から何か行動している方々の近くに身を置いてみたり。
引越しもしましたし、職場も変えました。借金をして高額なセミナーにも行きました。

・・・そんなことを1年近くしていました。

さぞかし”自分を変えられた”だろうと思うでしょう?

でもね、振り返ってみると
あれ・・・・?自分何が変わったの??
という印象。

やばいですよね、いろいろやっててこの印象。

何も変わってないじゃんって。
正直、自分クソだなと思いました。

・・・まあ、何もと言ったら大げさかもしれませんが、少なくとも
収入が上がったとか、ブログの記事がたまったとか、目に見える結果はなかったんです。
行動力、継続力、思考力、、も、1年前と変わったのかと言われてもあまり変わっていないな・・・という感じ。

変わってなさすぎる自分に驚きました。
今まで何してきたの?って。
そして、同時に恐怖も覚えました。

セミナーや講座でお金かけてばっかかけて、結局得るものちゃんと得られてない。
仕事も違う業界に変えてスキルのストックもない。
しかも業界を変えて残業が増えて自分の時間も無くなった。

このままだと、
お金もスキルも時間もないままどんどん年取って、
なんか知らない間に、あっという間に人生終わるかも・・・・

こわいこわいこわいWWWW

まずい、それは!!!
現に今借金膨れてるし・・・冗談抜きで本当にやばい。

本気で思いました。

今までも一応本気でやってきてたんですけど、この時に感じた恐怖と焦りからきた「本気」はなんかいつもと違っていました。
自分にスイッチが入った感じです。

そして。
本気でやばいと思ってスイッチ入れてやってみたら、
少しづつですが自分が変わってきたんです。
これはほんと実感があります。

これは私が経験したことなので、一個人の意見ですが。
それでもかなり正確な結論だと思っています。

環境を変えても全然変わってない自分を抱えている方は
是非読み進めてみてください。

過去の自分に伝える意を込めて書いたので
ちょっと言葉がキツいかもしれませんがお許しをwww

環境”だけ”変えるはポンコツだ

この組織に入れば。
この人に教われば。
この資格を持っていたら。

組織とか環境とか資格とか。
何か武器を持ったら絶対にすごい人間になれる・・・そんなことを思っていました。

いやーーー実にポンコツ
素晴らしいポンコツでした。

何か武器を持ったらすごくなれるのか?
全然そんなことないんですよ。

いい包丁を持っていたとしてもいい料理が作れるかといったらそうでもない。
有名なレストランの調理場に入ったらおいしい料理が作れるのかといったらそうでもない。

練習とか研究とか、必要じゃないですか。
ちょっと考えればすぐわかったはず。

でも、これに気付けてなかったんです。

「人間は基本的に厳しいことが嫌い。楽な方に行きたがる。」
って誰かが言ってました。(誰か忘れてしまいました・・・)

稀に「武井壮」さんみたいなウルトラな人はいますが笑
でもほとんどの人はこれ、当てはまりますよね。

厳しい環境に身をおいたとしても
入ったら入ったで最初こそ荒波かき分けるけど、
慣れてきたら今の自分でうまくやり過ごす方法を自然と考えだしてしまう。

悲報:人には、向上心はない

むしろ、サボりたい生き物なんです。

だからね。

環境を変えただけ
人格変わって新しい自分に生まれ変わるなんてもはや魔法の国のおとぎ話

尊敬できる上司がいる、良い仕事がもらえる、やりたいことができるチャンスがある環境にいる。
どんなに素晴らしい環境にいたとしても
「この人の近くにいれば」「この環境にいれば」
とか、環境が自分を変えてくれると思っている限り、なーーーんにも変わらないんです。

そもそも環境だけで自分変えられたら、
こんなに自己啓発本が溢れていないはず。

自己啓発本って、変わりたいけど変われない人の数と比例していますよね。
…もちろん、持論ですが笑

話は逸れました。

どんなにいい環境にいても
「ここにいれば変えてくれるだろう」と心の底で少しでも思っているのであれば変われません、これ絶対。
そしてそいつらをなんというか、
ポンコツって言うんです。

環境を変えることが悪いこと、ではない。

こんだけ言っておいてですが、環境を変えることが悪いこととは言いません。

自分から厳しい環境や、今より勉強できる環境に行く。
少なくとも今よりも吸収できるものは増えるし、新しい自分に出会えるかもしれません。

だからむしろ、環境はどんどん変えていくべきだと思っています。

では、どうすればいいのか。

他力本願はクソ。自分のことは自分で変える

私は、「この環境にいけば自分が変われる!」と思ってセミナーに行き、高額なコンサルを受けました。

ここまではいいんですが、クソポイント

「こんだけ払うなら変わるでしょ(正確には”変えてくれるでしょ”)」
と思っていたことです。恥
だからね、結局変わらなかった。

何をするにしても、自分が自分を変えようとしない限り変わらないんです。

誰かに変えてもらおう思っている人ーーーー
そんな誰かはいないからね!
自分は自分じゃなきゃ変えられないんだよー!!

と、声を大にして過去の自分に伝えたい。

小説家・思想家である、レフ・トルストイ氏の名言
誰もが「世界」を変えようと考える、だが誰も「自分」を変えようとは考えない。

が心に刺さります。

変われなくて悩んでいる人が、
少しだけ歯をくいしばってみようかと思ってくれたらいいな。

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
レンタル1
レンタル1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタル1